新発見!マーケティングの学びから江別の魅力を伝えるプロジェクト[北海学園大学経営学部]

江別市と北海学園大学経営学部・伊藤ゼミがコラボして、学生の目から見た江別の魅力を発見し、若い世代の江別への移住・定住を促す施策をプレゼンするというので、見学させていただきました。マーケティングの学びを活かした分析や、学生視点のアイデアからは、これからの江別の住みやすさを考えるのに私も学ぶことが多かったです! ぜひ、ご一読ください!!

スポンサーリンク

テーマ:若い世代の江別市定住のための施策を考える

実際の企業や商品の事例から学んだマーケティングの知識を応用して、企業との共同企画やプログラムを使った擬似経営体験を行う、北海学園大学経営学部の伊藤ゼミ。札幌で学ぶ学生が「江別について考える」ということに、客観的な視点と分析を期待でき、とても面白く興味深いプロジェクトだと思いました。

ゼミの学生6人が、「江別チーム」として研究活動してくれました。市町村とのコラボは、伊藤ゼミにおいても初の試みだったそうです。

地方自治体にとって、少子高齢化・人口減少は税収の減少を招く深刻な問題です。とりわけ若い世代の減少は、将来の税収を不安定にすることにもつながります。

そこで、結婚・就職等で実家から独立した若い世代が、住む場所として江別を選択したくなるような、生活圏としての江別の魅力を発見し伝えることが今回のテーマです。

企業訪問・イベント参加で江別を調査

2019年7月、まずは江別のことを知るために江別市役所を訪問しました。

そこでは、江別市の人口は11年ぶりに上昇したものの、その理由としては、
・離婚して戻ってきた
・札幌から妥協して江別に来たというネガティブな理由も多いことがわかりました。

8月、江別市の様々な出展企業の食材を使った料理を食べながらの質疑応答、出展企業の物産ブースがあるイベント EBETSU LUNCH GARDEN〜えべつのお庭へようこそ〜に参加し、出展企業や来場者より直接話を聞き、江別の魅力を見つけました。

【出展企業】株式会社菊田食品・アンビシャスファーム株式会社・株式会社兎屋・有限会社ノースライブコーヒー・EBEZZA

見つけた江別の魅力

・大都市近郊でありながらも、広い土地を活かした農業
・地産地消
・自営業のお店を開きやすい
・車で行きやすい
・JRを利用すれば、札幌からも遠さを感じない
・交通量が多すぎず、子育てするのに適している
・ドライブする楽しさ、十分に楽しい街

グループインタビュー・アンケートからの調査報告

学生達の友人や親戚を対象とし、主に20代を中心とした年齢構成の男性13名、女性17名(計30名)にグループインタビューを行いました。

そこから得られた江別の印象は、

・蔦屋書店、イオン、大麻高校
・札幌からそこそこ近い、もしくはちょっと遠い
・小麦、酪農
・田舎、何もない など、率直な意見が・・・今の江別で誇れる部分はどこか?江別のイメージが、どうしても抽象的であるため江別といえば「○○○」といった、新たなイメージ作りが必要と提言されました。

また、googleフォームで作成したアンケートでは、109件の回答より、住まい環境を選択するときに重要視することは

①交通の便、通勤のしやすさ
②治安の良さ
③商業施設の多さ、利便施設の充実

多くの人は、住まいに交通の便の良さ、商業施設を求めていることがわかりました。

学生のアイデアによる解決策

「江別のイメージ定着」「定住に向けたPR」のために2つの解決策が提案されました。

イルミネーション

冬に目立ったイベントがないので冬の恒例イベントとして、江別市と江別市民が一体となって、江別の街を彩る。

学生の印象として、江別は街灯が少なく、夜がとても暗く感じたそうです。街灯の少なさを逆手に取り、冬の夜道を照らすことで安全にもつなげ「イルミネーションのまち江別」の定着を図り、江別の知名度も上げるアイデアです。

子育てマップ

江別で子育てするときに、このマップ1つあればすべてが解決!の「子育てマップ」を、紙媒体とスマホで読める媒体の2種類で展開し、子育てするのに適したまちとしてのイメージを定着させるアイデア。

現在、江別市で発行する子育て情報誌「ホップステップえべつ」があります。スマホ版も登場しており、保健センター・子育て支援センター・保育園・幼稚園など子育て関係の施設紹介のほか、親子で遊べる場の紹介、病院情報なども充実していますが、

・若い世代は主にInstagramを使って情報収集をする
・赤ちゃん・子ども用品の商業施設の情報、イベント情報やクーポンなどもあるとよい
・口コミ情報なども知りたいなど、より充実したマップのアイデアを考えてくれていました。

学生達のリサーチ、アイデアと学び、発見した江別の魅力はこのプレゼンだけで終わらず、フリーペーパー誌への記事作成として世に出ています。

子育て世代を応援するフリーペーパー「emina(エミナ)」

emina(エミナ)」は、札幌市内で子育て中のママ向けに発行しているフリーマガジンです。フリーペーパーは偶数月の20日に発行され、幼稚園・児童会館・スーパー・小児科などに設置されています。Web・メルマガでも子育てがもっと楽しくなる情報が発信されています。


フリーペーパーemina vol.81(12・1月号)にて、
札幌で学ぶ私たちが考えた!江別のいいところ! の特集があります。

みなさん、フリー誌の記事を書くのは初めての経験だったそうです。記事の文字数が決まっているため、伝えたい江別の魅力がたくさんあったので、文字数に合わせて、何を残して何を削るかを考えるのが、とても難しく感じたと話してくれました。

まとめ・感想

「札幌から近い!江別の立地」
「地元のものがたくさん!ゆめちからテラス」
「親子で楽しめる!イベントの多さ」
「家を建てるなら江別!土地の安さ」
「サクサク!快速が止まる駅の多さ」
「手軽にリフレッシュ!自然の多さ」

居住していると、当たり前に感じていることも「魅力」であると、改めて気がつかせてくれました。

江別のことをよく調べて、SWOT分析、ペルソナなど、マーケティングの学びを活用してのプレゼンには、今後のまちづくりにも役立つヒントが多くありました!

提案してくれたイルミネーションのアイデアは、我が家の庭先やご近所が、光で明るく装飾されてる様子を思い浮かべ、とてもワクワクしました。

「何もない」ということは、逆に何でもできる可能性があるということ!伊藤ゼミのみなさん、江別のために本当にありがとうございました!!

北海学園大学

北海道札幌市にある総合大学。経済学部(経済学科/地域経済学科)、経営学部(経営学科/経営情報学科)、法学部(法律学科/政治学科)、人文学部(日本文化学科/英米文化学科)、工学部(社会環境工学科/建築学科/電子情報工学科/生命工学科)の5つの学部があり、道内の私立大学最古で最大です。

豊平キャンパス アクセス・住所・地図

〒062-8605 北海道札幌市豊平区旭町4丁目1−40

コメント

タイトルとURLをコピーしました