【175°DENO担担麺】おすすめ!自家製辣油・四川花椒 ・濃厚ゴマだれのオリジナル担担麺[江別 蔦屋書店]

175°DENO担担麺でしか味わえない本格的な担担麺の実食レポート。オリジナル自家製辣油の旨味のある辛さ、四川花椒の香り、痺れ、秘伝のゴマだれ、もっちりとした麺。一度食べたら痺れが癖になる特別な担担麺。辛いものが苦手でしたが、美味しくいただきました。

スポンサーリンク

175°DENO担担麺 読み方と由来

 

「175°DENO担担麺」は、「ヒャクナナジュウゴドデノタンタンメン」と読みます。

中国・四川省にルーツを持つ担担麺。麺とタレ、肉そぼろなどを混ぜて食べる麺料理が、日本でアレンジされB級グルメとして全国的にもブームが広がり人気となっています。

175°DENO担担麺のオーナーの「出野さん」が、本場四川で食べ歩きし、日本の担担麺の繁盛店で修業し、担担麺を追求し完成させたのが「DENO担担麺」。
本格四川料理技術と日本のラーメン技術を融合させ、とことんこだわったオリジナルの担担麺です。

香辛料もオーナーが、直接四川に買い付けに行っており、日本未入荷のものを使用しているので、175°DENO担担麺でしか出来ないオリジナル辣油となってます。この自家製辣油を作る温度が175度。

175度で作ることにより、旨味、風味、コクが最大限に引き出された旨味主体の辣油が出来上がります。

「175°DENO担担麺」の名前の意味がお分かりいただけましたか? 濃厚ゴマだれ・自家製辣油の旨味と辛味・四川花椒の香りがアクセントとなる、こだわりの担担麺は「一度食べるとクセになる!」と「痺れ」の魅力にハマる人続出です。

主なメニューと価格

175°DENOでは食券を購入して注文します。

  • 汁なし温玉セット(シビれる or シビれない) 950円
  • 汁なし坦担麺(シビれない) 850円
  • 汁なし担担麺(シビれる) 850円
  • 汁なし担担麺(すごくシビれる) 850円
  • 汁あり温玉セット(シビれる or シビれない) 1,000円
  • 汁あり担担麺(シビれない) 900円
  • 汁あり担担麺(シビれる) 900円
  • 汁あり担担麺(すごくシビれる) 900円
  • お子様ラーメン 600円

 

  • トッピング各種 100円
    (温泉卵・パクチー・チーズ・ナッツ増し・水菜増し)
  • 肉増し 150円
  • 大盛り 150円
  • シビレ増し or 青花椒 50円
  • 現地仕入れ花椒三種盛り 150円
  • 辛さ増し 70円
  • 激辛 200円
  • ごはん 150円
  • 小ごはん 100円

食券を買う時に、刺激が苦手な人は「シビれない」、もっと刺激を望む方には「すごくシビれる」と3段階から選べ、辛さや痺れを選ぶことができるのが嬉しいですね。トッピングもプラスして、自分好みにアレンジするのも楽しそうです。

店長のおすすめメニュー

一番人気のメニューは汁なし担担麺。「汁がない方が、麺に濃厚なタレと花椒がよく絡み、シビレをよりより感じやすいので、ぜひ試してみてほしいです」と永岡店長におすすめされたので・・・私は辛いのが不得意なので、今回「シビれる」に初挑戦でした!

ゆるく縮れた平打ちの麺は、コシと弾力がありモチモチの太麺。噛みしめるとモッチリと甘く、美味しさの秘密は「175°DENOの麺は全て北海道産小麦を使用しているから」と永岡店長が教えてくれました。麺に濃厚なタレがよく絡みます。

心配していた辛みや痺れも、胡麻の甘みとナッツの香ばしさの後に、山椒の香りとピリッとくる痺れと辣油の辛味が合わさって、コクと旨味が口の中でダンスしているみたいで、刺激を楽しみながら食べることができました。これはクセになりますね!!

汁なし担担麺を美味しく食べるコツは、食べる前によく混ぜること。タレが全体に行き渡るように麺を下からすくい上げ、最低でも30回は混ぜるのがポイントだそうです。

175°DENO担担麺 店舗場所・アクセス・営業時間

175°DENO担担麺|札幌発の担担麺専門店

175Deno〜擔擔面〜 Facebook  

ツイッター https://twitter.com/175_deno
インスタ https://www.instagram.com/175_deno/

住所:〒067-0005 北海道江別市牧場町14
TEL : 011-887-7017
営業時間:11:00 〜 20:30

コメント

タイトルとURLをコピーしました