江別ラグビーフットボール協会発足!ラグビースクールが江別に開校予定!ラグビースクール体験会レポート[北海道江別市]

ラグビーワールドカップ2019日本大会にて、江別市がオーストラリア公認チームキャンプ地となり、パブリックビューイングが野幌公民館と江別神社(RugbyMatsuri in Ebetsu)で行われた昨年より引き続き、江別市でのラグビーの盛り上がりが熱いです!江別にラグビー協会が設立され、ラグビースクール開校の準備が進められています。

スポンサーリンク

江別市ラグビーフットボール協会 とは

北海道ラグビーフットボール協会札幌支部が今春、札幌、江別、千歳に分割されたことから2020年4月、江別市に『江別市ラグビーフットボール協会』が発足しました。

この江別ラグビー協会は、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)の盛り上がりで、興味・関心をもつ人が増えたラグビーをさらに浸透させたいと江別循環器の岩田美佐男先生、大麻高校ラグビー部監督の岸本泰輔先生をはじめ、江別市内の関係者が設立させました。

江別市内・近郊へのラグビーの普及と、ラグビーというスポーツが持つ素晴らしい精神性や文化(ノーサイドの精神・多様性や個の尊重・自己犠牲の精神・品位・情熱・結束・規律など)を発信し、地域の子どもたちの健全育成やスポーツ振興、さらに大人たちをも巻き込んだ地域おこしを目的としています。

江別ラグビー協会には、(大学チーム)酪農学園大、 北翔大・札幌学院大、(高校チーム)立命館慶祥高、大麻高、野幌高、(中学チーム)立命館慶祥中、(社会人クラブ)江別ラガー、(タグチーム)江別TAGベアーズが所属し、

幼児、小学生(男女不問)を対象とした「江別少年ラグビースクール」も2020年9月に開校予定となっています。

江別市ラグビーフットボール協会EBETSU RUGBY FOOTBALL UNION 公式ホームページ

江別市ラグビー協会 Facebook 「いいね」で応援よろしくお願いします!

江別少年ラグビースクール

「江別少年ラグビースクール」は、9月5日の開校を目指し準備が進められています。

対象は、男女不問で幼児及び小学生。幼児、低学年(1・2年生)、中学年(3・4年生)、高学年(5・6年生)のカテゴリーに分け、年代別の指導をする。

活動は土曜または日曜日の午前10時からを予定し、夏季は野幌総合運動公園や飛鳥山グランド、冬季は市内大学や学校の体育館などで行うよう調整中です。会費は年間12,000円(1000円/月)と諸経費。幼児は年間6,000円の予定。

「ONE FOR ALL/ALL FOR ONE」の精神で、
1)大きな声で挨拶ができ、自ら考え、行動できるスクール生を育てる。
2)感謝する気持ちを持ち、仲間を思いやる気持ちを育てる。
3)地域に愛されるスクール活動を通じて、子どもと共に大人も成長を続ける。ことを、基本理念としています。

お問合せは、江別ラグビー協会・岡部さんへ
【電話】090-8898-2256
【Eメール】ebetsu.rugby@gmail.com

江別ラグビースクールFacebook にて、スクールの活動について情報発信しています。

ラグビー体験会 見学レポート

江別ラグビースクールでは、実際に身体を動かしてラグビーの楽しさを知ってもらうため、ラグビースクールのPRも兼ね、6月27日(土)、7月5日(日)、11日(土)、18日(土)、8月2日(日)、9日(日)の全6回の無料体験会を開催します。

第一回目のラグビー体験会は、6/27に飛鳥山公園にて行われました。体験会には約30名のお子さんが参加されたそうです。

二回目はは7/5野幌運動公園ラグビー場にて10時から約2時間程度の体験会が行われました。約50名のお子さんが参加し、中には第一回目の体験会が楽しく、2回目の参加というお子さんもいました。

新型コロナウイルス感染防止のため、マスク着用、体温計、アルコール消毒液を準備し感染対策の他にも、常に子ども達の安全に気を配って活動しているのがとても印象的でした。

ウォーミングアップの後、グループに分かれて4つの種目を体験します。

3人ずつ行う「泥棒」。誰が一番早くボールを3個ゲットできるかな?小さなお子さんでもわかりやすく参加できます。

小学校6年生から最年少は2歳。2歳のお子さんは保護者さんも一緒に参加して楽しんでいました。

「ラグビーW杯とノーサイドゲームのドラマを観て、子どもがラグビーに興味を持ち、昨年ラグビーができるところを探したが、江別市内にはなくて、今回のスクール情報を見つけて、早速申し込んだ」「子どもの体が大きいので、ラグビーに向いているのでは?と思い体験させたら、本人もラグビーがとても気に入った様子だ」と、お子さんがのびのびとラグビーを楽しんでいる様子を見学の保護者さんも楽しそうに見守っていました。

お子さん達が休憩の間には、ボールを消毒したり、

常にお子さん達が取り組む様子を見ながら、安全に活動できるように注意事項を確認し合います。指導にあたるコーチの皆さんは、北海道ラグビー協会・江別市ラグビー協会所属のラグビー経験者の皆さんなので、コーチ自身もお子さん達とラグビーができるのが嬉しそうな様子でした。

体験会の後半では、ラグビーらしい「リフティング」。ボールキャッチも体験します。

「コンタクト」では、お子さんの本気のタックルに大人も尻餅をつくほどです。

「コンバージョン」キックは、お手製のお子さん用のゴールも用意されていました。

大人もキックに挑戦です! 私も体験させてもらいましたが、大人もなかなかラグビーボールに触れる機会がないと思うので、貴重な体験でした。

ラグビーは全身を使って行うスポーツなので、幼少時代にラグビーを体験しておくと、全身の運動能力が養えているので将来的に他の競技に転向してもスムーズなんですよね。

練習の後は、クールダウンをしてお菓子をもらい、嬉しそうな子どもたち!

最後は手をきちんと消毒します。

次回、第三回体験会は、7月11日(土)午前10時から、飛鳥山公園でラグビー開催します。参加費は無料です。体験会の予約は前日まで。予約・お問合せは、江別ラグビー協会・岡部さんへ
【電話】090-8898-2256
【Eメール】ebetsu.rugby@gmail.com にお願いします。

体験会、ラグビースクール情報は、
江別市ラグビーフットボール協会EBETSU RUGBY FOOTBALL UNION 公式ホームページ にてチェックできるほか、

江別ラグビースクールFacebook にて情報発信しています。ぜひ、いいねをお願いします。

ラグビーは、グラウンドの格闘技とも言われるスポーツですが、ノーサイド(試合終了)の笛が鳴れば、敵味方が関係無くなり、お互いを讃えあう紳士のスポーツとも言われています。江別でラグビー協会を立ち上げ、ラグビーの楽しさと精神を伝えることは、素晴らしい取り組みだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました