【CITYBOY EBETSU】ハンバーグとカオヤム専門店のメニューとテイクアウトについて※実食レポートあり[江別蔦屋書店]

札幌でミシュラン一つ星を獲得したフレンチレストラン「Aki Nagao」の姉妹店「CITYBOY EBETSU」。江別蔦屋書店 食の棟のフードパークに2021年3月3日にオープンしてから、名店の味を気軽に楽しめる!と評判です。このブログでは、話題のカオヤムとハンバーグの実食レポート、CITYBOY EBETSUのメニュー、テイクアウトについてご紹介します。

スポンサーリンク

CITYBOY EBETSU(シティーボーイ エベツ)江別 蔦屋書店

札幌でフレンチレストランなどを5店舗を展開する Aki Nagao が運営する CITYBOY EBETSU(シティーボーイ エベツ)。長尾社長は札幌生まれのシェフで、東京やフランスで修業され、Aki Nagao はミシュランガイド北海道版で一つ星を獲得しています。

江別蔦屋書店の食の棟のフードパークにオープンした CITYBOY EBETSUでは、北海道の素材を使ったフレンチレストラン仕込みのハンバーグとタイのライスサラダ「カオヤム」がメインです。

持続可能性を考え、フードロスを抑えるなど地球にも優しいお店を目指しています。

本店[アキナガオ @akinagao_sapporo
姉妹店[フレンチパンダ @frenchpanda222
[バードウォッチング @bird_watching0808
[ワインマン @wineman_sapporo
畑[アキコロファーム @akicolofarm

CITYBOY EBETSU メニュー

よくばりハンバーグプレート・ハンバーグプレート・カオヤムプレート、ジュースはテイクアウトできます。

ハンバーグ

  • よくばりハンバーグプレート 1320円
  • ハンバーグプレート 990円
  • お子様バーグプレート 660円

カオヤム

  • カオヤムプレート(ライスサラダ) 1210円

サイドデッシュ

  • 大人の昼下がりプレート 1680円
  • スープとパンのぬけがけプレート 580円
  • 生ハムとチーズの盛り合わせ 1000円
  • ポテトフライ 480円
  • パン 150円

デザート

  • ベイクドチーズケーキ 500円
  • CITYBOYのクレームブリュレ 500円
  • 本日のシフォンケーキ 500円

ドリンク

  • オーガニックジュース
    りんご/ブラッドオレンジ/ザクロ 550円
    にんじん 600円
  • スパークリングジュース
    ゆず/りんご/みかん 440円
  • アイスコーヒー 300円

ワイン

  • グラスワイン 白/赤 350円

ボトルワイン

  • メルロー・サンスフル
    グレッグ・エ・ジュジュ
    (赤)        3000円
  • パルメント・ビアンコ
    ヴィーノ・ディ・アンナ
    (オレンジ)      3500円
  • モンペ
    ドメーヌ・モン
    (スパークリング)   5500円
  • ぱやぱやペティアン
    農楽蔵
    (スパークリング)   5500円
  • 木村農園ピノ・ノワール
    10Rワイナリー
    (赤)         9500円
  • ムスビ〜結び〜
    ル・レーヴ・ワイナリー
    (白)         9500円
  • アッチ・ブラン
    ドメーヌ・アツシ・スズキ
    (白)         9500円
  • ナナ・ツモリ ピノ・ノワール
    ドメーヌ・タカヒコ
    (赤)         12000円

ハンバーグプレート・シフォンケーキ 実食レポート

ハンバーグプレートは、スープとライス付き。北海道で獲れたシカ肉を使った自家製ハンバーグにデミグラスソースがたっぷりとかかっています。

葉っぱのサラダも旬の野菜をたっぷりいただけます。そえられたゆで卵とフライドポテトも良いアクセント。

濃厚なソースをご飯にもからめながら美味しくいただきました。スープはさらりと飲みやすいミネストローネです。結構、ボリュームがありましたが、デザートは別腹。

シフォンケーキも美味しくいただきました! ショコラのシフォンケーキと柚子のシフォンケーキでしたが、どちらもフワフワ。さっぱりとした甘さのクリームもとっても美味しかったです!!

ライスサラダ「カオヤム」実食レポート

カオヤムプレートは、テイクアウトができます。長尾彰浩シェフが「今年間違いなく流行る!」と言っている「カオヤム」とは? 青色のご飯なんて初めて見ました!

カオヤムはタイのライスサラダで、カオはご飯、ヤムは混ぜるという意味。青色のご飯は、アジア原産のマメ科のハーブ「バタフライピー」で天然由来の色付けをしたジャスミンライス。

バタフライピーは、タイでは庭先や公園で見かけるほどポピュラーなハーブです。アンチエイジングや眼精疲労を始めとした様々な効用のあるハーブとして古くから利用されています。

ブルーライスと紫キャベツ、豆苗、レモングラス、こぶみかんの葉、周りの野菜や香草、ナッツ、厚揚げ豆腐で作ったそぼろをしっかりと混ぜ合わせ、醤油ベースのレモングラスとレモンの特製ソースをかけて食べます。

パリパリ、ザクザク、口の中でいろいろな食感や味がダンスしているみたい!アジアの香りが広がります!厚揚げ豆腐で作ったそぼろがめちゃくちゃ美味しいです。

ミョウガやパクチーなどの香草が好きな方は、ぜったいにハマる味だと思います。

動物由来の食材を一切使っていないため、菜食主義のヴィーガンの方にも安心して食べていただけるそうです。

CITYBOY(シティボーイ)江別蔦屋書店 場所・アクセス・営業時間

CITYBOY(シティボーイ)EBETSU

3/3 OPEN CITYBOY(シティボーイ)EBETSU
CITYBOY EBETSU Instagram

住所:〒067-0005 北海道江別市牧場町14-1  江別蔦屋書店 食の棟HOKKAIDO FOODPARK
電話番号:011-802-7011
営業時間:11:00〜20:00※営業時間が変わる場合があります
詳しくは、江別蔦屋書店公式HPでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました